持続可能な開発目標(SDGs)

持続可能な開発目標(SDGs)
持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。
SDGsについて
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.html
引用元:外務省

社会変化の対応

①高度技術サービスの提供、先端技術
②業界健全化への取り組み

社会的課題の解決

①高度技術サービスの提供を通じた日本のものづくりへの貢献
②技術分野において、国内外から多様な人材を採用し、人材派遣をはじめとして、先進的な人材ニーズへの取り組みにより、日本の地域社会および海外諸国の発展に貢献していきます。

健康経営

①健康経営
・感染症予防接種
・外国人人材への食生活指導
・血圧計と体組成計の設置
②くるみん(一般事業主行動計画)
③シニア人材活躍促進
④外国人人材活躍

人材育成

①高度技術人材の育成
②外国人材育成 ーダイバーシティー
③女性活躍推進・感染症予防接種

倫理観・コンプライアンス

作成中。